ソーシャルセキュリティーナンバーの取得方法

ソーシャルセキュリティーナンバーの取得方法

大体は、整理番号をもらう作業から始まります。待っている間に申請用紙の記入を済ませ、申請に必要なパスポート、ビザを大切に持って、自分の番号の呼ばれたカウンターへと赴き、後は言われるがままに申請書の控えを持って帰るという作業です。

陸運局/Department of Motor Vehicles (DMV)

DMVによっては印象は悪くありませんが、とにかくDMVは混雑もさることながら対応の悪さに不快感を感じずにはいられませんので、気持ちに余裕を持って望んでください。

カリフォルニア州運転免許証

アメリカでは各州ごとに免許証の取得方法が異なります。カリフォルニアでは、18歳以上の留学生は誰でも申請する事ができます。日本で発行された国際免許証を持っていても、学生ビザで来ている留学生の場合、有効期間が10日間となってしまうため、アメリカで運転をしたいのならば、アメリカの運転免許を取らなければいけません。運転免許は、DMV(Department of Motor Vehicles)で申し込みます。DMVは、常に大変混雑しているので、行く前には必ず予約を取っておきましょう。予約はオンライン上で無料で取る事ができます。予約がない場合は、時間が潰せるものを持っていきましょう。

ソーシャルセキュリティー ・SSN

アメリカではソーシャルセキュリティナンバー(SSN)という9桁の番号で個々の情報を政府が管理しています。この番号をもとに社会保障制度がすすめられており、さらに税金を申告する際に必要な番号となっているため、アメリカに住んで働くためには必要不可欠なものです。ソーシャルセキュリティーナンバーは一度取得したら番号は一生変わる事はありません。結婚などで姓が変わった場合や、住所変更などの場合には、最寄りのオフィスに変更届を提出しなくてはいけません。

南カリフォルニア・日系スーパマーケット

南カリフォルニア周辺には日本人やアジア人が多く住んでいることもあり、日系スーパーマーケットがたくさん運営されいます。日本とは変わらない日常の素材や物が買えるので、日本人にはとても便利です。このリストで家に近いスーパーを探してみてください。

ソーシャルセキュリティーナンバーの取得方法

必要書類

査証(ビザ) : パスポートの中に添付されたビザシール

パスポート及び入国許可証 (I-94) :入国時に移民官によりホチキスで留められた白いカード

労働許可証 : I-766やI-797と呼ばれるレターサイズの紙

奥様の申請をする必要がある場合:日本での婚姻証明書(領事館にて英文に訳して頂きます)

アメリカでソーシャルセキュリティーとは、主に納税のために使用されるものですが、現在ではクレジットヒストリーによる個人の信用調査や、公共料金の申し込みなどすべてこの番号を基にして管理されています。
各都市にソーシャルセキュリティーオフィスが設けられており、来場者に対して窓口の方が対応するのですが、都市によって対応が非常にまちまちであり、サービスはかなりひどい所もあります。書類は事前にしっかりと用意しておきましょう。

大体は、整理番号をもらう作業から始まります。待っている間に申請用紙の記入を済ませ、申請に必要なパスポート、ビザを大切に持って、自分の番号の呼ばれたカウンターへと赴き、後は言われるがままに申請書の控えを持って帰るという作業です。

実際にソーシャルセキュリティ番号が分かるまでは2週間くらいで、カードが郵送で届くのは、3~6週間と言われますが、ロサンゼルス入国後、本人の入国履歴がコンピューター上で確認できる入国後1週間後あたりにオフィスを訪ねるのが早く発行してもらうコツみたいです。
それより前に行ってしまうと入国記録がないまま申請受理されてしまうことになり、照合に時間がかかるようなので注意が必要です。

また、申請時の住所を会社のオフィス住所で申請する際に受理されないケースもあるようですので注意してください。

まだ自宅住所が決定していない場合、同僚や友人宅の住所をお使い頂く方が無難かもしれません。

また、赴任者に帯同する奥様に関しては、ビザの種類によって、Work Authorizationがあるか否かでソーシャルセキュリティーナンバーが取れるかどうかが決まります。また最近は英文婚姻証明書(領事館にて日本文の婚姻証明書持参し英訳してもらいます。有料)を持参して申請の際に提出すると奥様のソーシャルセキュリティナンバーを取得できるとのことです。

エントリー

Ads